生活習慣病への効果

免疫力向上の効果があるなどとして今注目されているフコイダン。実は、生活習慣病にも有効とされています。このサイトでは、フコイダンの生活習慣病への効果について説明します。

コレステロールフコイダンが生活習慣病に有効とされる根拠の一つめは、コレステロール低減作用があることです。血液中に余分なコレステロールがたまると、動脈硬化の原因となるとされています。フコイダンは、動物実験などにより、血中の中性脂肪やコレステロールを低減する働きがあることがわかってきました。

二つめは、血液凝固抑制作用です。血管の中で血液が凝固すると、動脈硬化、心筋梗塞、脳血栓などを引き起こしますが、フコイダンは血液をサラサラにする働きがあり、血液の凝固=血栓の生成を抑えるためこれらの病気の抑制に効果があるということが研究により確認されています。

三つめは、高血糖値抑制作用です。血糖値が高い状態が続くと、高血圧や糖尿病になる可能性が高まりますが、フコイダンには血糖値を抑える効果があることがマウスを使った実験で実証されています。

これら3つの効果により、フコイダンは生活習慣病への効果が期待されています。生活習慣病が気になる方は、普段の生活を見直すとともに、フコイダンを取り入れることを検討してみてはいかがでしょうか。


関連記事